内祝いってなんだろう?

誰かのお祝い事にご祝儀を包んだら内祝いが返って来た。 今はこんな形が一般的になった内祝い。
そもそも、内祝いってなに?どんな種類があるのってところからおさらいして みましょう。

まず、内祝の本来の意味は現在の一般的な内祝いと少し違っています。 もともとは「身内にあったお祝い事の幸せをおすそ分けします。」的なものが本来の意味。 「我が家こんな慶事(喜ばしい出来事)がありました。少しだけ喜びのおすそ分けをします。」といった意味で、近所の人や知人にちょっとした贈り物をしたのが始まり。

内々のお祝いだから「内祝い」と、こういうわけです。日本人の奥ゆかしい文化ですね。 でも現在ではお祝いとしてお金や物をいただいたときのお返し的な意味合いが 強いようです。良く使われるお返しでは、カタログギフト通販から選ぶというような選べる内祝いです。
結婚や出産などのとき、いただいたお祝いの金額によって半分程度の品物をお返しする。 こんな形が一般的なっているようですね。

内祝いはどんな種類があるの?

上にもあるように、内祝いは内々のお祝い事という意味なので、その家が「慶事」だと思えば内祝いを贈って本来は差し支えありません。
極端な話、会社で昇進や栄転があっても慶事ですから、ご近所に「内祝い」として喜びのおすそわけしても構わないのです。
構わないとはいえ、最近はこういったことでのお祝いは家族内だけでやるというスタイルなので、どうしてもちょっと変わった家族という目で見られてしまうこと危険性もあります。

このようなことから、内祝いは「いただいた慶事への返礼」か、結婚、出産、七五三、入学、成人式、就職、新築・・・といった慶事にするのが妥当ではないでしょうか。
返礼であれ、おすそ分けであれ、喜ばしい出来事であることと、これからもよろしくお願いしますという気持が伝わるものがいいですね。

内祝いのしきたりやマナーって…

日本人が気にしている内祝いのマナーというのはほとんどが、しきたりに囚われたもののことの方が多いです。
贈り物は気持ちを届けるものです。本来ならばあなたの思う贈り物を贈るのが一番です。
でもそこに必要なのは、相手を思いやる気持ちです。

これさえ読めば、内祝い選びもスムーズに!→心を贈る内祝い

関連記事

  • 意外としらない引きでものと内祝いの違い。のしはどうしたらいいの?どんな決まりごとがあるかなどをわかりやすくご紹介…

    引き出物と内祝いの違い

  • 最近ではお返しという意味が強くなってきている「結婚内祝い」本当の意味や、本来の習慣とは?…

    結婚内祝いとは?

  • 出産内祝いはご挨拶とこれから騒がしくなる可能性をお伝えし、宜しくお願いしまうという気持ちを込めて送るもの…

    出産内祝いとは?